RECRUIT

採用情報
未来の形は、君たちの手の中。

独自の発想と技術を生かし、お客様とコンセプト段階から一体となり、コストを抑えた高品質な製品開発にチャレンジしてもらいます。
時代のニーズに応える製品づくりのために開発品の評価技術にも力を注いでもらいます。

 

先輩社員の声

STAFF VOICE

技術部 内装技術課
M社員(2008年度入社)
岡山理科大学 理学部 応用物理学科 卒

私の仕事は内装樹脂部品の開発業務

自動車の内装樹脂部品の開発業務を行っています。
内装技術課に所属し、自動車の内装樹脂部品の開発に携わっています。
主な業務としては、樹脂部品の成形に必要な金型や、完成した部品同士を組立てる為の治具などを製作し、量産までの準備を行っています。

元々自動車好き。
様々な経験を積めることに魅力を感じ、この会社を選びました

幅広い業務内容で自分自身のスキルアップができると思いました。
当社では、製品の設計から解析、完成した製品の性能試験と幅広い業務を行っています。
また、生産においても成形・組立・表面加飾など多くの工程を経ることで多種多様な製品を作り出しています。元々自動車が好きであったことと、様々な経験を積めることに魅力を感じ、この会社を選びました。
入社してからは業務内容の多さに苦労していますが、それ以上に仕事へのやりがいを感じています。
職場の雰囲気も良く、困ったときには気軽に相談できる環境であるため、安心して仕事をすることが出来ます。

図面データが製品になった時、
今までの苦労が吹き飛ぶような達成感と充実感を
味わうことができました

図面のデータが製品になった時の喜びは忘れられません。
入社してから二年目の時に、初めて新車種立上げのプロジェクトに携わることになりました。
まだまだ経験が浅く、右も左も分からない状況の中、先輩方や金型メーカーに助けて頂きながら何とか製品を作り上げることができました。金型の構造、射出成形技術など、いままでに触れたことの無い分野の知識が要求され、とても戸惑いましたが、実際に形になった製品を手に取った時、今までの苦労が吹き飛ぶような達成感と充実感を味わうことができました。

今だから話せる、失敗談

不注意で納入用製品の手配を間違えてしまいました。
以前、自分の担当している製品をお客様へ納入する際に、部品の手配を間違えてしまったことがあります。
仕様書の確認を怠ったことで、必要な部品と異なる物を準備してしまいました。
すぐに上司に相談し、何とか対応することはできましたが、自分の不注意により周りの人へ迷惑を掛けることになりました。
期限を守れないということは、自分だけでなく、会社全体の評価に悪影響を与えます。
この失敗を教訓として、それからは確実な仕事を行える様、十分に気を付けるようにしています。

自分のやりたいことを明確にして、後悔の無い就職活動を行ってください!

就職活動において大切なことは、自分のやりたい事を明確にし、その目標に向かってしっかりと進んで行くことだと思います。
私もこの仕事に就いてから、辛い事や苦労したことが数え切れないほどありました。
しかし、反対に仕事をすることの楽しさもたくさん経験してきました。
自分自身が本当にやりたいと思ったことであれば、楽しみはどんどん増えていくはずです。
しっかりと自分を見つめ直し、後悔の無い就職活動を行ってください。

©2020 Suiryo Plastics all rights reserved